平成29年情報処理技術者試験 システムアーキテクト 結果

12月20日に結果が発表されましたが、無事合格しました。ブログの更新が滞っていたのと同じく、勉強も滞っていたので、あわてて自分のブログを読み返して直前対策をしていました。

 

f:id:siiseku:20171221154118p:plain

感想

  • 午前Ⅱ
    ひたすら過去問を解く、不正解の問題はネットでググって理解する、を繰り返した結果、過去問と同じ問題や、過去問のアレンジ問題は難なく解くことができました。
  • 午後Ⅰ
    ファイル入出力や業務フローの細かい部分を問う問題は正答率が低いことがわかっていたので、問1、問2はパスして要件に関する問3を選びました。個人的に興味のあった問4(AI,IoTに関する出題)を選びましたので、詰まることなく回答をすることができました。
  • 午後Ⅱ
    問1(非機能要件に関する出題)について、題意に沿って問題文とほぼ同じ内容をなぞるように書き、システムの特性をもとに具体的な記述をしてリアリティを持たせたように記憶しています。(何を書いたかは忘れた)。設問アで対象システムのビジネス目的とシステム特性を書き切るの大事。

今後

概ね欲しい高度資格は取得したので、私は今回が最後の受験になります。情報処理技術者試験は2010年代前半は受験者が下降気味でしたが、最近受けやすいIT系資格としてか増加しつつあるので、ノウハウはぼちまとめてみたいと思います。